ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/01/17(水)

『日本の財政は、まだまだ、大丈夫?』

ここ数日、BOOK-OFFで

こんな本を、買ってきて読んでいるのですが


増税が日本を破壊する
本当は「財政危機ではない」これだけの理由

著者: 菊池英博
出版社: ダイヤモンド社
サイズ: 単行本
ページ数: 238p
発行年月: 2005年12月


この本に
おもしろい(?)ことが、載ってたのです。


なにかっていうとですね。


  日本は財政危機ではない


らしいのです。




なぜよ? (;¬_¬)
800兆円も借金あるのに。 


と、思いますよね。 うんうん。



それはですね。

まず、これを、見てもらって


日本の [債務] と [資産] を書いた表です。

日本の賃貸借表


※ クリックすると拡大します。 JPG:53KB

※ 絵が汚くて、すみません。 m(_ _)m



これを、見ただけで
なにを言いたいか、分かる人もいるかな?


え~とですね。


この表で、なにを見るかと言うとですね

ここに、日本は

 債務は 795兆円 あるけど
 資産は 480兆円 ある

ということが、書いてあるのです。



これは

 795兆円 借金していて
 480兆円 資産(貯金、不動産など)を持っている

って、事ですよね?


借金してるけど、資産も、割りとあるのです。



それでですね。



ここからが、本題なのですが。

財政状況を確認するときは、ふつう

  [借金] - [資産] = [純債務]

この純債務で見るのが、一般的らしいのです。


そして、この純債務で、財政状況を判断すると
ユーロ地域並み らしいのです。



・・・・・



そこで、ちょっと
[純債務] で、財政状況を判断する事について

私、考えたのです。 (^_^;)?



若干、例が微妙なのですが。。。(為替好きが原因)


日本は、いっぱい、米国債を持ってますよね。

  金利の低い、日本国債で資金を調達して
  金利の高い、米国債に投資している

と、言えなくもないですね。
ある意味、キャリートレードです。

この借金は、プラスの収益をもたらすのです。



そういうふうに考えると
良い借金ってのも、一部あるのかなぁ。

と、ちょっと、思ったのです。 ('_'?)


なので、借金の額だけで財政状況を判断するのは
確かに、ちょっとおかしい。


で、[純債務] で、判断するのは・・・

あってる! ( ̄  ̄!)

と、思ったのです。 (ホントか?)



どうです? 微妙です?

う~ん、微妙かな。 (^_^;)?

債務より、キャッシュフローかな?



でも。



日本は破産するする、と言っている中
おもしろい話ではないですか?


ユーロ地域並みなのです。 (^_^)

そんなに、びびる必要ないのです。 (^-^)

増税もいらないのです。 (^o^)



・・・・・



ということで
こんな見方もあるんだと言う事で、心の片隅に。。。

なんか、話が、飛び飛びになっちゃいましたが。



はぁ~ぁ。 (´~`;)
しかし、実際のところ、日本の財政は、どうなってるんでしょうねぇ?


スポンサーサイト
管理人:うぃっちなーが
> 丸刈り髭オヤジ さん

お返事が遅れてすみません。 m(_ _)m

丸刈り髭オヤジ さんは
いつもちゃんと考えておられて偉いなぁと感心します。


え~とですね。
国の金融資産の細かい所は、ちょっと不明なのです。

たぶん、ここを見れば、分かると思うのですが。
むずかしい。 f(^_^)
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/h17-kaku/19annual-report-j.html


・・・・


丸刈り髭オヤジ さんが、書かれているとおり

○ 社会保障基金 → 年金、健康保険
○ 内外投融資  → 破綻自治体へ、採算度外視公共事業へとか
○ 外貨準備   → ほとんど米国債

だと、思います。


なので

金融資産480兆円と書きましたが
この額は、怪しいものだとは思います。

実際のところは、私には、謎です。 (^_^;)?
(たぶん、上の人しか知らないはず。)



ただ

「借金もいっぱいあるけど
 国民が国に預けたお金も、いっぱいあるはずじゃない?」

と思っただけで。



国の財政破綻に備えるに越した事はないですよねぇ。

大なり小なり、破綻すると思いますし。


う~ん
なんとか、リスク管理の甘い人でも大丈夫な様に
穏やかに済ませて欲しいものです。

私の両親なんか、全く何も考えてないですから。 (-_-;)
日本人は、大多数、そうなんでしょうか?
それだと・・・すごい事になりそうですねぇ。
2007/01/21(日) 17:53:42 | URL | [ 編集]
丸刈り髭オヤジ
480兆円の資産について、もう少し内訳を吟味してみましょう。

まず、480兆円のうち53%に当たる254兆円は、社会保障基金ですね。これはいったい何か? 本ではなんと書いてましたか?

もしかして国民に払う必要のある年金の原資じゃないですかね。
仮にそうだとすると、我々の将来の年金が、国の借金のカタになっているってことじゃないですか?

どうしても借金を返さなくてはならなくなったら、年金の支給額を減らしてしまえって国は考えているのかも。そうだとしたら、我々の老後はどうなってしまうのでしょうか?

136兆円の内外投融資っていうのも、なんかあやしくないですか?
返る見込みの無い不良債権も多いのじゃないでしょうかね。
地方自治体に貸している金とかなら、今後少子高齢化で夕張のような破綻自治体が増加すれば、戻ってこない金かもしれません。

90兆円の外貨準備は、ほとんどが米国債でしょうねぇ。
こちらも米ドルが下落すれば、価値は下がりますね。
日本も中国のようにリスク分散した方が良いと思うのだけれど、やっている気配はありません。

私は、日本人のリスク管理の甘さが、将来の命取りになるのではないかと危惧しています。
2007/01/18(木) 14:24:40 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。