ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/01/06(土)

『生き残りやすい、投資商品の組み合わせ?』

資産運用するとき
どんなポートフォリオにするかは、重要ですよね。


そして、ポートフォリオを決める時


投資する商品は
相関が薄いものを選ぶのが、お約束ですよね。



・・・・・



ただ、各商品の間で、どんな相関関係あるのか?

正確なところは、あまり考えた事ないかなぁ。 (^_^;)?
と、思うのです。


で、ですね。
そんな、相関関係を調べた表があったので載せてみます。


「不動産」「株式」「債券」 の相関係数です。

 不動産株式債券
不動産(全国)1.00
株式(TOPIX)0.391.00
債券(日興BPI)-0.080.221.00

※ 1970~2005年の年間収益実績からの計算結果です。

元データは、この本です。 → 投資ファンドとは何か



この表、どう見るかというと

太字の所を見て貰って

例えば、[不動産]-[株式] の所だと、+0.39 です。


これは

不動産の値段が、1.00万円値段が上がると
株式の値段が、0.39万円上がる

って事を表します。


[他の商品に釣られ安度] みたいなモノと考えると、分かりやすいかも。。。


表の数字が、マイナスのところは
上がったら、下がるって事ですね。 f(^_^)  (適当説明)



・・・・・




もし、買ったモノが、いつも一緒に下げてしまう・・・ (>_<)
なんて人がいたら。

この相関関係を参考に、買う商品を決めると

心臓に悪い期間が減って良いかもしれません。 o(^-^o)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。