ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/11/24(金)

『タイへ投資するファンドは、ちょっと手数料が安い?』

タイと言えば


タイの通貨、バーツ、の暴落からはじまった
アジア通貨危機を、思い出したり、出さなかったりしますが。 ( ̄-  ̄ ) ンー



そんな、タイへ投資するファンドが、出るみたいです。


アイザワ証券、ドル建てタイファンド販売



商品のページは、ここです。

アイザワ証券 フィリップ-アイザワ トラストタイファンド



で、まあ


新しいファンドを見る時
まずチェックするのは、手数料。 w(^_^)


ということで、チェックすると

最低購入単位100米ドル(約12万円)
購入手数料最高 3.15%
運用手数料1.6% + 成功報酬
申し込み期間2006/12/01 ~
2006/12/28


あら?意外と手数料が安い。 ( ̄  ̄!)



タイへ投資しているファンドは
他にも、こんなのがあるようですが。

オーロラファンド(タイ投資ファンド)

これも、手数料、同じぐらいで、そこそこ安い。
(購入手数料:2.1%/運用手数料:1.575%)



タイって、意外と投資環境、整っているんですかね?

ベトナム系ファンドに比べると、かなり安い。 ( ̄~ ̄;)


ベトナムと同じように考えている、私が無知なのか?
はたまた、ベトナム系ファンドが、ぼったくりなのか?


謎だ。 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・



・・・・・



まあ、手数料が安いことを、悩んでも仕方ないので。
そこは、置いといて。 


タイ投資は、どうなの?
って、ところが気になります。


それは、ここを見ると、とても分かりやすい。

タイ株投資完全マニュアル 入門編


・・・・ (;-_-;)


いや、別に、手抜きではなく。
ここの説明は、普通に分かりやすい。



私の、タイ投資の印象は
ベトナム投資の、リスクとリターンを減らして
お求め安くしたイメージです。(適当 f(^_^) )

・・・

こりゃ、タイのことも、勉強しないとな。

ちょっと、勉強してきます。 ε=ε=┏( ・_・)┛


・・・・・


これから、年末のボーナスに向けて
こんな、タイ ファンドみたいなのが
いろいろ出てくると思うので、楽しみですねぇ。 o(^-^o)

スポンサーサイト
管理人:うぃっちなーが
> furari さん

コメント、ホントにありがとうございます。
(furari さん、文章が、分かりやすいです。)


海外への投資は、チャレンジ精神ですか。
Seamico証券で、試してみようかな。でも、どうせならベトナム株がよいし・・・・・ 

そうなんです、[トラブルの時][文化の違い]が、気になっているのです。
 ・ 現地語で電話がかかってきたり(トラブルの時)
 ・ 問い合わせが、忘れ去られてしまっていたり(文化の違い)
するとか聞いたりするので。

う~ん、これも"実践"あるのみですね。o(^o^)o


UW のファンドの分析、深いですね。
私、そこまで、全然考えてませんでした。
ファンドの規模の話(10億円と100億円の違い)とか、"謝礼"とか。
( ̄  ̄!) おぉっ、と思いました。
※勉強不足ですみません。

あの、実はですね。
これから、ネタとして書こうと思っているのですが。

こんなのが、あるみたいなのです。

ベトナム株ノーロードファンド
http://www.gladv.co.jp/gli/noload/index.html

手数料が全然安い。
これは、運用会社=販売会社 というのが、大きいのかな?
このファンドは、別の面(会社の規模とか)で不安な要素があって
難しいですね。

UW のファンドは、これに比べると、高いかなぁと思ったのです。


それから、ベトナムへ行く話ですが。

そう、ジェスチャーは万国共通。
分かってはいるのです。。。

でもですね。
私には、弱点があるのです。

 ・ 笑顔が苦手。 
 ・ 人生たった一度の海外旅行で、ぼったくられる(トラウマ)

furari さんは、すごいです。
現地語2つだけで、現地到着ですか・・・やり手です。

私、ひとまず
"ゴン" と "シンカムオン" は、覚えました。 o(^o^)o

現地到着は、もうしばらくお待ちください。

・・・・・

furari さんの話、とても分かり易いです。
また、いろいろ教えてもらえるとうれしいです。  m(_ _)m
2006/12/03(日) 20:42:17 | URL | [ 編集]
furari
> 海外送金ネタのときに、コメント頂きました。

よ、、よく覚えておいでで・・∑( ̄□ ̄;)ナント!


最近は、翻訳サイトなんかもありますので、"英語"であっても、それほど敷居は高くないですよ。
"生きた知識"は"実践"からこそ得られるもの。
少しでも興味をお持ちなら、チャレンジしてみることをお勧めします。

ただ、海外の銀行・証券会社を拠点とする場合、トラブル発生時の対応が極めて困難になる、ということは覚えておく必要があるかと思います。
日本には日本の、タイにはタイの、ベトナムにはベトナムの常識・習慣・言葉・文化がある訳ですから。


ユナイテッドワールド(以下、UW)のベトナムファンドに関しては、

 ・UWが直接、ファンドの運営を行っている訳ではないこと
 ・ファンドの規模が小さいこと
 ・未上場株式への投資割合が大きいこと

などの理由から、若干高めのコスト設定になっているのではないでしょうか。
(妥当か否かは、各個人の期待価値によりますが・・)

たとえば、銘柄選定のための情報収集・調査コストは、ファンドの規模の大小によらず、同じように発生します。
このコストを10億円から捻り出すのと、100億円から捻り出すのとでは、コスト負担率にして10倍の差が発生してしまいますよね?

あと、年間収益の20%程度を成功報酬とするのは、海外のファンドでは、よく見かける設定だと思います。

また、ベトナムに限ったことではないですが、現地(特にエマージング諸国)でうまく立ち回るためには、必要経費もかさみそうですからね。
"謝礼"と言う名の"賄賂"とか・・


> 私、ベトナムに行ってみたいなぁ。
> ただ、言葉がネックなんですよねぇ。

ジェスチャーは万国共通です。
相手も人間ですから、言葉はわからなくても、なんとかなりますよ。

ちなみに、私が覚えていったベトナム語は2つだけです。

 "ゴン(おいしい♪)" "シンカムオン(ありがとう♪)"

さてと、、これ覚えたら、ベトナムに行きましょうか(^^
2006/12/02(土) 23:53:51 | URL | [ 編集]
管理人:うぃっちなーが
> furari さん

海外送金ネタのときに、コメント頂きました。
その節は、ありがとうございました。

アルコールが入っていて、この文章とは
私のブログが恥ずかしい。。。


そう、タイ株ですが。
Seamico証券 を、ちょっと考えたりしているのですが。
ハードル、高くないですか。ホントですか・・・大丈夫かなぁ。

実は、私、ベトナム・タイ・ロシア・フィリピン
このうち、どれかひとつ
直接、株を買いたいなぁと思っているのですが。

BoomSecurities は
タイ・フィリピン株、OKみたいなので
もし、ベトナム株OKになったりしたら、私には、かなり魅力的ですね。

う~ん、悩むなぁ。

あっ、そうそう
ベトナムファンドはですね。
ちょっと・・・手数料が高くないですか?妥当なのかな?

・・・・・

furari さん 、タイ・ベトナム両方、行かれた事があるのですか。
やはり、生で行かれた人の言葉は強いですね。

人の活気がある/なしは、行かないと分からないですもんねぇ。

タイ・ベトナム、有望そうですね。
私、ベトナムに行ってみたいなぁ。
ただ、言葉がネックなんですよねぇ。

私には、言葉はとても高いハードルで。。。
furari さんの話は、とても貴重です。ホントに。


また、いろいろ教えてください。 m(_ _)m




2006/12/02(土) 13:36:07 | URL | [ 編集]
furari
こんばんは。
随分前に、一度だけコメントを入れさせていただいた"furari"と申します。

数年前に、タイ株に興味を持ち、現地のSeamico証券に口座開設手続きをしたことがあります(現時点ではクローズ)。

そんなにハードルが高い訳でもないので、英語であることに尻込みせずに、挑戦されてみてはいかがでしょうか?(^^;

また、お手軽に幅広く選択肢を持ちたい場合であれば、BoomSecuritiesというオンライン専業(たしか・・)の証券会社が便利かもしれません。
(企業としての信頼度は保証できませんが・・)

ベトナム向けの投資に関しては、口座開設に際し、現地に赴く必要がある等の理由により、若干敷居が高いので、手っ取り早いアプローチの方法として、ユナイテッドワールド証券(沖縄)のベトナムファンドあたりがよいかもしれませんね。

近年、タイもベトナムも訪れる機会がありましたが、個人的に、一番印象に残っていたのが、ひとびとのバイタリティでした。
彼らが地鶏なら、我々日本人はブロイラーですね。

もちろん、これ以外にも、巨大消費市場(中国)に近い立地、安価な労働力、肥沃な土壌、恵まれた天候・水資源・鉱物資源等、将来的に有望な点は多々あるように思います。

っとと、、ちょっと長くなってしまいましたが、なにかのご参考になれば幸いです。

かなり、アルコールが入っていることもあり、乱文、ご容赦ください。
ではでは。
2006/12/02(土) 02:04:57 | URL | [ 編集]
管理人:うぃっちなーが
> ts100200 さん

( ̄  ̄!) ts100200さん、調査が早いです!


そうなんですか。

 口座開設安くて(意外)
 株が割安(ほしい)

う~ん・・・タイ株、良いですね。

 そして、英語(無理)

最後のハードルが、結構高いですね。。。

でも、ホント、タイ株、良さそうですねぇ。私も、調べないと。
2006/11/29(水) 21:47:26 | URL | [ 編集]
ts100200
今度はタイ株について調べてみました。口座を作るにもお金はほとんどかからないし、株価も安いんですよね。子供のお小遣いでも買えるくらい。^_^
後は英語さえできたら・・・・。
2006/11/28(火) 14:31:03 | URL | [ 編集]
管理人:うぃっちなーが
> ts100200さん

おぉっ、そうなんですか。口座開設にお金がかかるとなると、ちょっと敷居が高いですねぇ。

ところで

> 年末にかけて多くのの企業が上場するみたい

というのは、とても有益情報では?
そうなると、今年のベトナムファンドは
今でも結構良いけど、さらにハイリターンになりそうですねぇ・・良いなぁ。

・・・・・

次は、フィリピン、タイ、ベトナムなんですか。
う~ん、フィリピンも。フィリピンは、初耳です。

これは・・・
先行者利益を狙って、調査しとかないと。 ε=ε= ┏( ・_・)┛

2006/11/25(土) 01:03:31 | URL | [ 編集]
ts100200
私、ベトナム投資について勉強してみました。現地に口座を開いて投資を始めるまでかなりお金がかかるようです。また年末にかけて多くのの企業が上場するみたいでそれらの企業を調べたりするのに多くのお金がかかるんじゃあないかと考えています。超新興市場ですからハイリスクハイリターンですかね。
ゴールドマンサックスがフィリピン、タイ、ベトナムについてBRICSに続く市場だと評価してましたが私もタイについてもっと勉強してみます。
2006/11/24(金) 10:39:04 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。