ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/09/22(金)

『ベトナム投資の、メリット/デメリット』

ちょっと、本屋で
週刊ダイヤモンド を、立ち読みして来ました。


読んだのは、9月23日号 なのですが。
ベトナム投資が、特集されてました。

ベトナム投資、注目されて来ているみたいですね。


で、本の内容、ちょっと覚えてきたので、書いてみます。
ベトナム投資のメリット/デメリットで、まとめてみました。


 ■ メリット
   -人件費が、中国の2/3
   -もうすぐWTO加盟見込み
   -GDP成長率 中国を越えて、約8%
   -国営→民営を果たした企業数、既に3000社
   -2009年までに、700社の上場を目指している

 ■ デメリット
   -ホーチミン証券取引所の上場企業の時価総額3000億円(インドは80兆円)
     + 市場が小さく、流動性に乏しい
     + 非上場企業の時価総額は、5000億円
   -完全な民営化がされている企業は2社しかない
     +国が大株主の企業がほとんど
      → 国の政策の影響をモロに受ける。
     +直近で上場した企業は50社のみ

改めて見ると
市場規模の小ささが、ちょっと気になる。
日本テレビの時価総額が、4000億だから
それより小さい。 (^_^;

う~ん、比較対照が変かな?
それに、これから大きくなるから、良いのかな?

とりあえず、余裕資金で、投資しましょう。 (^^)d

# ベトナム政府は
# 証券取引所の整備を、目標として掲げているみたいなので。
# ベトナム証券市場発展にむけてのインフラ整備の動き
# これから、どぉ~んと、大きくなるかも。


・・・


そういえば
ベトナム系ファンド、なかなか良いパフォーマンスみたいです。

本に載ってたんですが。

ベトナム・ドラゴン・ファンド
 昨年 年利:約14% / 今年 年利換算:約12%

ベトナム民営化ファンド
 今年始め 年利換算:約9% / 今年中旬 年利換算:約8%

らしいです。(ちょっと記憶が、雑)

今年中旬は
パフォーマンス落としているファンドが多いので
その中、この実績は凄い。良いなぁ。 (;¬_¬)



と。
これが、覚えている事、全てです。
立ち読みで覚えてきたので、まだまだ、いろいろ載ってたかも。

もっと知りたい方は、本屋へ。 ε=ε=┏( ・_・)┛

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。