ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/09/19(火)

『ジム・ロジャースお薦めの商品指数に連動したファンド 公演』

この記事で書いた。
ジム・ロジャースお薦めの商品指数に連動したファンド

[ロジャーズ国際商品指数]ファンド 商品新時代
ですが。


私、資料請求していて
3連休中に、資料が届いてました。

※ いろいろあって、ちょっと遅め。
※ 普通、もっと早く着いてるはずです。


こんなのでした。 へ(^-^)/

パンフレット表紙資料の案内
商品新時代 パンフレット
商品新時代 お知らせ

で、中身なのですが。

Web で、公開されてるのと、全く同じですね。 f(^_^)



で・・・それだと、書く事がないので。
何かないかなぁ、と探していると。

ジム・ロジャーズ来日記念「資産運用セミナー」 を期間限定でWeb配信中!!

こんなのやっていたので、聞いてみました。


[公演] + [質疑応答] の 2部構成で
トータル 2時間半。 なかなかの長編。 


私が、聞いたところ。
こんな感じ。

 ■ 21世紀は、中国の時代になる。
   - 推移|19世紀:英国 → 20世紀:米国 → 21世紀:中国(これから)
   - ジム・ロジャースは、自分の子供に中国語を習わせている。
   - 中国人は35%を投資に回すが、米国人は1%のみ
   -主要通貨(基軸通貨?)は、ドルから人民元に変わると予想。
 ■ 米国の発展は期待できない。
   -借金が増え続けていて、政府はそれをコントロール出来ていない。
 ■ 債券市場の上昇トレンドは(2003年に)終了している。
 ■ 欧米の株式市場の上昇トレンドは終了(既に、もう割高)
 ■ アジアは、少し強気相場
   -ジム・ロジャースは、少し、日本株を持っている。
 ■ これから継続的な上昇トレンドに入るのは、商品市場
   -商品市場の上昇期間は、今まで、平均して15~23年続いている。
    (これから、2014-2022年までが、上昇トレンドと考えられる。)
   -石油不足が進む。
    +現在稼動している油田は、古い油田しかない。
    +英国は、もうすぐ石油輸入国になる。
    +マレーシアは、10年以内に石油輸入国になる。
    +中国は、既に、石油輸出国から輸入国となり、莫大な量を消費している。
    +OPEC加盟国のインドネシアでさえ、もうすぐ石油輸入国となる。
   -これから有望な商品は、農産物関係。
     今、かなり割安な(農産物系の)商品がある。
   -石油、金の最高値は、書き換えられる。
      石油 → 100ドル
      金  → 1000ドル
     まで行く見通し。
   -商品市場は、株式より、ボラリティが低い。
   -商品が上がる時、株式は上がらない。
 ■ 通貨について
   -ジム・ロジャースは、米ドルが信用できないので
    通貨を 12~15の通貨に分散して持っている。
      カナダ/シンガポール/スイス/デンマーク/スウェーデン
      ポンド/ニュージーランド/オーストラリア/人民元 など
    円も持っているが、日本は政府がダメなので、少しだけ。
   -ユーロは、ドルよりは良い。後、15~20年は大丈夫。
 ■ インドは、投資先として適切ではない。
   理由は、ジム・ロジャース著
   大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代 参照
 ■ ロシアへの投資も、勧められない。
   -旧油田が、枯渇し始めている。
   -政府は、国を、完全にまとめきれていない。
    今後、小国に分裂すると予想。


#だぁ~っと、並べてしまいました。
#見難かったら、すみません。

良い公演でした。

さすが、ジム・ロジャースです。
商品市場に投資したくなります。

・・・

[ロジャーズ国際商品指数]ファンド 商品新時代
これは、買いませんが。。。

私、商品のインデックスファンドが、欲しくなってきました。 
(;¬_¬)

スポンサーサイト
サイト管理者
お初にお目にかかります。

本日は株関連のブログサイト様向けに開催しておりますランキングサイトを応援していただきたく参りました。

お手数とは思いますが当サイト「株・ブログランキング」に、是非ご参加いただければと思います。

突然の勝手なお願いにて時間を取らせてしまっておりますので微力ながらランキングの応援もしておきます。

ご参加いただける際には下記URLよりお願いいたします。

http://rank-net.jp/pepe7/
2006/09/21(木) 20:54:53 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。