ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/09/09(土)

『株を長期で持ち続けると、年利12%に収束する?』

この記事で
基本の経済指標で、これからの、為替の動向を占う


こんな本を読んでます。

投資戦略の発想法最新版 投資戦略の発想法最新版

著者:木村剛
出版社:アスコム
サイズ:単行本/439,
発行年月:2005年08月

って書きましたが。


この本に、気になる事が書いてあったので。
ちょっと紹介です。


なにかって言うとですね。

長期(30年以上を目処)で株式投資をすると
そのリターンは 12~13%に収束していく

らしいのです。


これは、長期投資家には、嬉しい話ですね。

よく言われている
インデックスファンド買って、長期で持ってると
12~13% のリターンがあるって事なので。

その説明で使われているのが、この表なんですけどね。

▼[株の保有年数] と [リターン] の分布図です。
保有年数によるリターンの分布

Excel で、地味に作りました。

データ元は、日本証券経済研究所 が、公開してる
このデータ --> 第一部市場収益率 ※PDF 15KB


保有年数が少ないとブレがありますが
徐々に、リターンが
10%ちょっとの所に、集まって行っているのが分かります。

期待値は、確かに、12~13%になりそうです。



ただですね。
私、この表をシコシコ作っている時に気付いたんですが。

年数長くなれば
リターンがある値に収束している様に、見えますが。
これ、単純にデータ量が少ない事も効いてるんですよね。

# 保有期間50年のデータは、1種類しかないけど
# 保有期間1年のデータは、約50種類ありますもんね。



ということで、補足材料として、もうひとつ表を作ってみました。


▼[購入年]/[売却年] 別、マイナスリターンの分布

[購入年]-[売却年]によるマイナスリターンの分布


1987年まで
株に投資して、マイナスリターンになることは
ほとんどなかったんですね。

そして、最近は・・・

株価の平均リターン 12~13% は
高度成長期の高いリターンがあったからこそ
という感じがします。

成長期は、何度もないので、これからは・・・
どうなるんでしょうねぇ? ('_'?)



で、まあ、私の結論は

株のインデックスに長期投資して
12~13%は、ちょっと無理な気がします。

・・・残念ながら。 (^_^;


長期投資といっても
これからは、トレンドを見極めて、売ったり買ったりしないと
数十年が、パァになるかもしれませんねぇ。

現に
1989年に株買った人は
まだ、トータルマイナスです。 (-_-;)

ということで
そう!!ニュースを、よく見ましょう。


おまけ
購入年毎の平均リターン
売却年毎の平均リターン
[購入年] ⇔ [リターン][売却年] ⇔ [リターン]



表を作った元データを見たい方は、こちら ※ EXCEL 100KB
(整理してません。)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。