ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/31(木)

『基本の経済指標で、これからの、為替の動向を占う』

今、図書館から本を借りて

こんな本を読んでます。


投資戦略の発想法最新版 投資戦略の発想法最新版

著者:木村剛
出版社:アスコム
サイズ:単行本/439,
発行年月:2005年08月

木村剛さん の本です。
ブログが有名ですね。 → 週刊!木村剛





この本を読んでですね。

基本だけれども、うやむやにしてて
あまり分かってなかった事があったので
それを書いてみます。


景気、株価、金利なんかの相関関係について
なんですけどね。

こんな感じなんですね。

株価要因
景気金利
良い低い
悪い高い

物価要因
景気金利お金の量
良い高い多い
悪い低い少ない

為替
(円)
要因
景気金利物価
良い高い安い
悪い低い高い

[景気] が良いと、[株価] が上がる
[金利] が高いと、[物価] が上がる
[物価] が安いと、[円] が上がる(=円高になる)
みたいに見て下さい。

実際は
これが、複雑にからみ合うんですけどね。


・・・


この表を元に
為替の動向について、考えて見ると。

為替景気金利物価
普通とても低い普通
米ドル普通高い高い
ユーロ良い普通高い
NZドル良くないとても高い高い

こんな感じかな? ('_'?)
物価の動向が、イマイチ分からないんですよね。
合ってるかな???

まあ、これを信じると。

米ドル、もしくはユーロが、良くって。
円は、あまり良くないなぁ。


ということで
通貨の配分で、円を減らした方が良さそう
という判断に。


この判断で良ければ、私は嬉しいのですが。。。
さて?私の判断は、常に、市場と逆になるからな。 (-_★)

これからが、楽しみだ。 (o^-')b

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。