ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/19(土)

『米リーマンは、米ドル下落を予想』

利上げが停止になっても
即、米ドルの下落がはじまる訳ではない

という記事を書いたばかりですが。

米ドル、利上げ停止後、相場はどう動く?


こんなニュースが

米リーマン:ドルは一段と下落へ、金融政策のずれで-週間リポート


米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスは
主要10カ国(G10)

 ・ ベルギー
 ・ オランダ
 ・ カナダ
 ・ スウェーデン
 ・ フランス
 ・ スイス
 ・ ドイツ
 ・ イギリス
 ・ イタリア
 ・ アメリカ
 ・ 日本

の通貨に対して、ドル売りを推奨しているみたいです。
困ったことですが。 (^_^;

理由は
G10各国 (アメリカ除く) の利上げペースが、アメリカを超えるからだとか。


・・・


これまでの、ニュースを見ても

米リーマン:カナダ・ドルとNZ・ドルは「売り」-金利はピーク
カナダ、オーストラリア、NZドルに対する米ドル買い推奨-リーマン

リーマンは、金利をとても重要視してますね。

それも

金利の高い/低い (金利差) ではなく
金利の上昇/下降 (トレンド) を重視しているみたい。


単純に、金利差が大きい方が
スワップ金利を稼げるので、良いような気がするんですが。。。
そうではないんですね。


なぜなんだろう?

・・・

う~ん
とりあえず、まだ、情報少ないし。
様子見るか。 (;¬_¬)



あぁ、すごく脱線した上に。
まとまらなかった。。。 (^o^;

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。