ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/12/31(日)

『韓国でも、新興国への投資ブーム?』

なぜか、今日も、韓国関係。 (無意識)

今日、ちょっと、こんなニュースを見ました。


韓国人の向こう見ずの投資、ベトナムなどで過熱気味


どうやら、韓国でも、投資ブームのようです。



BRICs とか、こんな感じで堅調だから

インド株式市場、2006年は約47%上昇
ロシア株式市場は年間で70%上昇、RTS指数は最高値で年を終える

日本だけじゃなく、どの国の人も、投資したがっているのですねぇ。



しかし



韓国の人は、自分達の国より
他の国の方が、伸びると思っている訳ですね。



・・・・・



昨日、こんな記事を書きましたが。


韓国株価は、ワールド・インデックス採用で、3倍にUP


複雑です。 (-_-;)

となりの芝生は青い、って奴ですかねぇ。。。
いやぁ、それは、私にも言えるか。

う~ん、難しいですねぇ。 



・・・・・



ただ、ちょっと、気になるのですが。

新興国への投資
日本・韓国だけのブームではないですよね?

たぶん、世界中ですよね。

そうなると、なんか怖くないですか?


みんなが (投資に消極的な人も) 、投資しはじめたら
暴落は、すぐそこ・・・ ヽ(^o^;)ノ



なんてのが、お決まりのパターンのような。。。




考えすぎかな。 f(^_^)




新興国へ投資する時は
一応、気をつけといた方が、良いかも。  σ(^_^;)?

スポンサーサイト
2006/12/30(土)

『韓国株価は、ワールド・インデックス採用で、3倍にUP』

正月休みもはじまり

あまりする事のない、私は

こんな本を、読んでます。


「韓国株」は2008年までに3倍続出

著者: アジア株研究会
出版社: 中経出版
サイズ: 単行本
ページ数: 239p
発行年月: 2006年12月


韓国株です。


どうやら、韓国は BRICs に続く、有望な経済国

  ネクストイレブン
   韓国/メキシコ/トルコ/イラン/ナイジェリア/フィリピン/エジプト
   インドネシア/ベトナム/パキスタン/バングラディッシュ

の中でも、1番有望と言われている様なのです。



そして、その他に

 (1) 韓国企業の PER は、約10倍 (日本は、約20倍)
 (2) 韓国企業の ROE は、約15% (日本は、約5%)
 (3) 企業の情報公開の透明性は世界一 (と言われている)
 (4) インド・中国に大きな市場を持っている
 (5) 韓国の国の格付けは A+ (日本は AA-)
 (6) 国民年金の韓国株への投資比率が低い(約6%)
     → 今後約15%まで引き上げる見込み
 (7) ワールド・インデックス採用直前


こんな感じで、いろいろ良い所が。


特に

 (7)ワールド・インデックス採用直前

が、特に惹きつけられる所で


・・・・・


って
これだけだと、なんの事だか分からないですね。


これ、何かって言うとですね。

MSCI インデックス っていう
世界の株式市場の株価指数があるみたいなのです。


そして、この指数には

 ・ ワールド・インデックス
 ・ エマージング・マーケット・インデックス ← 今、韓国は、こちらに含まれる

ってのがあるのです。


この二つ、どう違うかというと

インデックス名株価ブレ投資対象
ワールド小さい安心
エマージング・マーケット大きい危険

と、見られるようです。

[東証一部] と [東証二部] に上場している企業間での
信用力の違いみたいなものでしょうか。



この ワールド・インデックス の方に含まれると

世界中の投資家から、投資して安心と思われるので
資金が、どぉ~っ、と流入するのだとか。


その結果

  韓国株は 約3倍に上昇する(見込み)

のです。 

※ 細かい計算省略。3倍は、あまり注目しないで下さい。 えっ (;^_^ A



そんな、韓国株の、ワールド・インデックスへの採用ですが

既に、条件は、ほぼ満たしていて
近いうちに採用される可能性が高いようです。

近いうちにってのが、微妙ですけど・・・



どうです?



韓国株、やりたくなりました?


私は、やりたくなりました。 o(^-^o)


で、証券会社に、口座開設資料を請求中

今、韓国株を買えるのは
この2社だけみたいですね。

 ・ アイザワ証券 ※ほぼ全ての韓国株購入可能
 ・ イー・トレード証券 ※一気にウィン換金可、為替手数料なし



・・・・・



私、いろいろ、やろうとしてますが。
投資するお金が・・・全然、足りないなぁ。。。 f(^_^)

2006/12/28(木)

『気楽な、塩漬け株の処分の仕方?』

株、塩漬けてますか? w(^_^)


・・・・・


私は、漬けてます。 d(-_☆)



と、まあ
私もいっぱい持ってる、塩漬け株ですが。

  「思い切って、処分してしまった方が良い。」

と、分かっていても

なかなか出来ないものです。 ( ̄~ ̄;)  ・・・ まったく



そんな、塩漬け株を
なんとなく、気楽に処分できる方法があります。



どうするかって言うとですね。



それは・・・



 塩漬けになっている株を
  違う有望 (と思う) 株に買い換える




のです。


ちょっと、アホと思いました? f(^_^)

でもね、意外と、これすると、切り易いのですよ。
人間の心理的に、楽なんですかね?



・・・・・



そしてですね。
一応、良い点も、あるのです。


売りっぱなしじゃないですよね。

なにか買うので

株を売った後、相場が上がりだしたら
乗り換えた方の株も・・・たぶん、上がるのです。


そう


売ったら、そこが底だった場合でも
ちょっとだけショックが、少ないのです。 o(^-^o)




そして、弱点は・・・分かりますよね。そうです。。。




見るといつも下がっている、そんな銘柄は処分して
新しい銘柄へ。 (o^-^)o

株価チェックが、楽しみになるかもしれません。

2006/12/25(月)

『今週の為替相場 (12/25~12/29) 』

いやぁ、今年も最後ですねぇ。


そして
なにやら、えらく円安が進んでますね。 ( ̄ー ̄;∂



~ その結果 ~



私のポジション
すごい評価益が、出ています。。。



なんてこった。 (ノ-_-)ノ ~┻━┻



わたしとした事が、決済したくなっちゃうよ。



・・・・・ ( ̄~ ̄;) ウーン



いや!!
わたしは、長期投資家

短期での利益なんて、求めません!!(アホ)

ということで
どんなに利益が上がろうとも、鬼ホールド。 (≧∇≦)b


ひたすら、スワップ金利を、貯めつづけるのです。



さて、このままいくと
正月は、平穏に過ごせそうですが。

今週は、なにか、イベントは、あるかな? w(^_^)

日付 曜日 時間 内容
12/2513:55福井日銀総裁、講演
12月例経済報告
12/2608:3011月失業率
08:3011月有効求人倍率
08:3011月全国消費者物価指数
12/2700:0012月リッチモンド連銀製造業指数
12/2800:0011月新築住宅販売件数
08:5011月鉱工業生産速報値
22:30新規失業保険申請件数
12/2900:0012月消費者信頼感指数
00:0012月シカゴ購買部協会景気指数
00:0011月中古住宅販売件数
大納会


今日は、クリスマスで
海外は、休みだったんですねぇ。

なんか、「全然、動かないなぁ。」 と思ってたら。
お休みか・・・。


福井さんの公演にも、ノーリアクションだったし。


今週は、他には、あまり効きそうなイベントないし
これは、今年は、このままいくかなぁ。 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・


そうだなぁ。


わたしは、今年は、もう取引お休みします。
珍しく、ゆっくり休める。。。 Zzz ( ̄~ ̄)

2006/12/24(日)

『国の借金が減り気味なのは、なにが原因?』

国の予算案決定しましたね。


2007年度予算の政府案決定・国債発行、最大の減額


国債の発行額 25兆4320億円 らしいです。



最大の減額って書いてますが

どんなもんでしょ?
過去5年間の動きを見てみると

 15年度16年度17年度18年度19年度
国債発行額36.4兆円36.6兆円34.4兆円29.97兆円25.4兆円
(+0.1)(-2.2)(-4.4)(-4.5)
公債依存度
(借金依存度)
44.6%44.6%41.8%37.6%30.7%
(±0.0)(-2.7)(-4.2)(-6.9%)
プライマリーバランス
(黒字・赤字額)
-19.6兆円-19.0兆円-15.9兆円-11.2兆円-4.4兆円
(+0.6)(+3.1)(+4.7)(+6.8)

元データは、ここです。
 → 財務省 平成19年度予算のポイント ※ PDF : 508KB



なかなか、頑張っているように見えます。

ここ数年で、みるみる国債発行額が減って

確かに、過去最大の減額です。



そして、このニュースでも、書いてますが。

2011年のプライマリーバランス黒字化、もう少し頑張れば前倒しも=財務相

プライマリーバランス黒字化は、もうすぐそこな気がします。
支出を、あと 4.4兆円 減らせば良いんですね。


良い感じですね。 o(^-^o)



・・・・・



で、ちょっとですね。
私、おまけに、もうひとつ表を作ってみました。

 15年度16年度17年度18年度19年度
一般会計歳出82.4兆円84.9兆円85.5兆円83.5兆円82.9兆円
(+2.5)(+0.6)(-2.0)(-0.6)
一般会計税収43.3兆円45.6兆円49.1兆円50.5兆円53.5兆円
(+2.3)(+3.5)(+1.4)(+3.0)


[収入] と [支出] の表です。

元データは、ここです。
 → 財務省 我が国の財政事情について ※ PDF : 367KB



なんか、思いません?

収入(税収)は、着実に増えてるのに対して
支出は、あまり減ってないなぁ、と私は思ったのですが。。。



支出は、5年前とほぼ同じだけど
収入は、5年前より10兆円も増えてますよね。



まあ、社会保障費が増えてるのは、分かるんですけどね。

でも、医療費とか上がってるんじゃないんでしたっけ?
(私、病院にお世話にならないから、実感なくって。)



う~ん



財政が、よくなっているように見えるの
[税収増] と [サービス低下] が、主な原因じゃないですよね?

だったら、イヤだなぁ。 ( ̄~ ̄;)




まあ、国の財政がどうなろうとも
乗り切れるように用意するのが、賢い投資家。

備えあれば、憂いなしと。 (⌒^⌒)b

予算案みても、よく分からないから、準備はしときましょう。(なんだそりゃ。。。)

2006/12/24(日)

『2007年は、円高がすすむイベントが多い?』

年末ということで

来年の相場予想が出てくる時期になってきました。


2007年為替見通し:ドル105円まで下落か


↑ 来年の米ドルの為替予想です。



来年の 予想レンジは、105─125円 みたいです。


う~ん、ちょっと広いですが。

これぐらいのレンジで、おさまってくれるなら
まだ、なんとか、安全にキャリートレードできるかな。

あまり激しく動かれると、困るのですよ。米ドルさん。 (-_-;)



・・・・・



そういえば



このニュースの記事名を見ると

ちょっと、びっくりしません?

えっ ( ̄  ̄!) マジで、105円!?

って。



今、割と、円安が進んでますから。
また、10円ぐらい下落する予想ですねぇ。 ('_'?)



でも、中身みると
それほど、円高派が多いわけでもなさそう。



ただ、ちょっとですね。
来年のイベントを、ちょっと雑に、抜き出してみたのです。

イベント予想雰囲気
(USD/JPY)
日本の金利利上げ濃厚円高 (↓)
日本の景気底固い??円高 (↓)??
米国の金利利下げ濃厚米ドル安 (↓)
米国の景気減速?米ドル安 (↓)?
2008年
米大統領選挙
米ドル安 (↓)


なぜか、円高が進行するイベントが多い気がします。


※ 意図的に抜き出した訳ではありません。(私は、円安派)



これ、自分で書いときながら

( ̄O ̄;) ほぉ~っ

と、思っています。


来年は、円高進むんでしょうか?


だったら、この米ドル高のうちに
ポジションを、調整しておきたい所ですが。。。



なかなかね。 f(^_^)



利下げが、即、通貨安って訳でもないみたいですし。
いろいろイベントの見方も、難しい。


どうなるんでしょう??? ( ̄~ ̄;)??


って、これは・・・
私は、来年も、いきあたりばったりかな。 ヽ(^o^;)ノ

2006/12/22(金)

『投資で損している人ほど、勝率は高い!?』

前の記事も、しょぼいネタでしたが。


今回は、もっともっとです。 (ノ^^)ノ (ノ^^)ノ



・・・・・



さて、この記事の、タイトル見て。

ヾ( ̄p ̄) ォィォィ ナンデヤネン

と、思ったひと、います?


タイトル、これね。



  投資で損している人ほど、勝率は高い



どうです?


「あぁ、そうだね。」と、思ったひと


このネタは、これで終わりです。 m(_ _)m





( ̄~ ̄;)?? ウーム





って、なってるひと



早くもタネ明かしです。




なぜかって


・・・・・


負けずに、塩漬けになっているからです。


塩漬けは、まだ、負けていないのです。
そう、勝率は、損失を確定しなければ、下がらないのです。

( ^ ^ )( - - )( ^ ^ )( - - ) うんうん、そうなのですよ。

あなたも、私も、負けてないのです。




だから、いっぱい塩漬け株、抱えていても

 「株式投資の勝率、9割超えちゃってるよ~ ヽ(*^。^*)ノ」

なんて、言っちゃっても、あながちウソではないのです。



そう、その勝率を肩書きに

飲み会で、お薦め銘柄を語って

周囲のひとを、塩漬け仲間に引き込むかどうか
それは、あなたの自由です。 (≧∇≦)b GOOD LUCK!

2006/12/20(水)

『空から見ると、[円] マーク』

かなりの小ネタです。



では、早速。

ちょっと、この写真を見て下さい。


日銀航空写真


写真の下の方


  


です。



これ、どこの写真だと思います?



・・・・・



この写真、日本銀行 の航空写真なんです。

日本銀行の建物が、円!?です。 ( ̄  ̄!)

意味深ですね。



実は、このこと
週刊ダイヤモンド に載ってたんですけどね。



いやぁ、実際に見てみたら

見事に  で、思わず書いてしまいました。


・・・・・


で、この ですが。
特に、意図したものではない模様。

なので、おもしろエピソードもありません。
これだけです。

深いのを期待した方、すみません。 m(_ _)m




まあ、宴会ネタに、困ったときにでも。。。 

って、使えないですね。 f(^_^)

2006/12/19(火)

『今週の為替相場 (12/18~12/22) 』

先週、私


豪快に、ポンド売りをしかけて


地味に、大損ぶっこいてました。 (×_×;) マイナス12万円



・・・・・



久しぶりに、本気で出陣して ε=ε= ┏( ・_・)┛

一瞬で、死亡  (o_ _)o  ・・・・ いたたた (x_x)



ということで・・・

もう、今年は、おとなしくしています。

のんびり、正月を迎えたいのでね。 ~~旦_(∩_∩ )



さて、今年も、あと2週間
何事もありませんように。 (^-人-^)

日付 曜日 時間 内容
12/1819:0010月ユーロ圏貿易収支
22:30第3四半期経常収支
12/19日銀目標金利発表
22:3011月生産者物価指数
22:3011月住宅着工件数
22:3011月建設許可件数
12/2003:00ダラス地区連銀総裁、スピーチ
05:30MX10月小売売上高
06:45NZ第3四半期経常収支
17:00トリシェECB総裁、講演
18:30南ア11月消費者物価指数
18:30MPC議事録
12/2106:45NZ第3四半期実質GDP
08:5011月通関ベース貿易収支
08:5010月全産業活動指数
12月の月例経済報告
18:30南ア11月生産者物価指数
18:30GDP改定値
18:30経常収支
22:30実質GDP改定値
22:30コアPCE改定値
22:30新規失業保険申請件数
12/2200:0011月景気先行指標総合指数
02:0012月フィラデルフィア連銀指数
03:00リッチモンド地区連銀総裁、スピーチ
14:00日銀金融政策決定会合議事要旨
18:0010月ユーロ圏経常収支
22:3011月個人所得
22:3011月個人支出
22:3011月耐久財
12/2300:0012月ミシガン大学消費者信頼感指数


火曜日・・・・というか、明日

日本の金利発表ですね。


金利上げないのは、ほぼ確実みたいですが
なんか、ありそうじゃないですか?


私は、クイッと、きそうな気がしています。
手仕舞いとかも合わさって。


どっちに?

さっぱり、分かりません。 ヽ( ̄ー ̄ )ノ

2006/12/17(日)

『利益確定は早く、損失確定は永遠に・・・』

ちょっとですね。


こんな本を買ってきて、読んでいるのですが。


神と悪魔の投資論
リスクと心理のコントロール

著者: 末永雅春 /三隅隆司
出版社: 東洋経済新報社
サイズ: 単行本
ページ数: 216p
発行年月: 2006年03月


おもしろいデータが、載ってたので、書いてみます。



どんなデータかというと

2つあって。
まず、こんなのです。


投資して

 [ 利益確定した値段 (損益率) ]
     と
 [ 保有期間 (投資期間) ]

の関係の分布図です。

投資行動分析 実現損益

どうです?

すごいでしょ?


損益率が上の方の分布が、多いですよね。
結構、プラス収支で、利益確定している人多いって事ですよね。



・・・・・


それに、続いて

これを見て下さい。


 [ 保有している(利益確定していない)商品の値段 (損益率) ]
     と
 [ 保有期間 (投資期間) ]

の関係の分布図です。

投資行動分析 評価損益

どうです?

ひどいでしょ?


損益率が、下の方がほとんどですね。

評価損を抱えて
塩漬けになっているのが、いっぱいあるって事ですね。



・・・・



ある意味、納得の結果な気もします。

やはり、人間の心理は

 ・ 損失確定は、遅く
 ・ 利益確定は、早い

なのですね。

みんな一緒なんですよ。
うんうん。 ( ^ ^ )( - - )( ^ ^ )( - - )




しかし、この心理が、分かっていても
・・・・勝てない。 (;-_-;)

これが、真理ですね。 o(^-^o)

2006/12/15(金)

『ベトナム WTO加盟後の発展を狙って』

ベトナムのWTO加盟日

決まりましたね。


ベトナムWTO加盟、1月11日に


来年早々に、加盟するようです。



さて、加盟後、どうなるか気になるところですが。


今年、WTO加盟後、5周年を迎える中国を見てみると

中国、WTO加盟5年 知財、ダンピング 厄介な貿易大国


 加盟前加盟後
(5年後)
国内総生産1038ドル1700ドル
貯蓄額5780元1万787元
貿易総額世界第6位世界第3位
(加盟時の3倍以上)


国内総生産とかは、書いときながら
良く分かりませんが。 f(^_^)


貯蓄額が、5年で、3倍ってのは、凄い気がしません?

貯金が、5年で、3倍ですよ。 (@_@;)

訂正)
この貯蓄額、3倍は、間違いです。約2倍です。
ゼロの数を間違えてしまいました。 m(_ _)m


ベトナムも、同じようになったら
なかなか、期待できそうな気がします。


・・・・・


と、自分に言い聞かせて

ボーナスほぼ全額を使って
わたくし、ベトナムファンドを購入するつもりなのです。 o(^-^)o


5年後の、お楽しみ~。

2006/12/13(水)

『日本人が国債を買ってたら、ホントに、日本は破産しないの?』

「 (*´・д・) 日本は、破産するよ。 」

「 ( ̄д  ̄)ノ" いや、しないって。 」


なんて、話をすると。



日本は

国債買ってる人が、ほとんど日本人だから大丈夫

とか言う話になったりします。



でも、日本と同じように

 国債買っている人が
  ほとんど国内の人でも
   財政破綻した国がある

って知ってました?


私は、知りませんでした。 f(^_^)



え~とですね。

その国は、どこかっていうと。


  イタリア


です。



・・・・・



1990年代前半の頃の話です。


イタリアは
年金の支払い等で、赤字を貯め込みます。

でも、当時のイタリアは
あまり良い投資商品がなく、投資は貯金が主流だった為。

この貯金を使って、銀行が、国債を買う事で
・・・・大赤字だけど、なぜか、大丈夫!? ( ̄~ ̄;) って事に



って、どこかの国と、似てますね。。。



結局、イタリアは

『デンマークショック』 を契機に、破綻していったようです。
そして、この破綻のきっかけとなったのが

  国内の人の、外貨建て資産への逃避

のようです。(イタリア リラが、売られたわけですね。)


国は、通貨が売られ過ぎると困る
→ 金利を上げて、リラを買って貰おうとする
→ 利払い増えて、借金増える
→ もうダメ (>_<)


こんな感じで、破綻していったのですね。



・・・・・



日本も、投資環境が整ってきて
外貨建ての商品を、簡単に買えるようになってます。

日本の財政が、本格的にヤバイとかなったら。
イタリアみたいに、なったりして・・・・ ヽ(^o^;)ノ

2006/12/12(火)

『クアドリガ・スーパーファンド の実績チェック 11月分 』

さて、毎月恒例の


クアドリガ・スーパーファンド・ジャパン
のパフォーマンスチェックの日がやってきました。


さて、今月は、どうなってるかな? w(^_^)

戦略通貨前月比リターン
-1.50%
-1.07%
-1.20%
ドル-0.49%
-0.06%
-0.20%

※ 詳しくは、こちら


( ̄~ ̄;) むぅ

また、下がっている。。。


これは・・・・
今年のリターン、プラスで終わるのは、絶望的。 (;-_-;)



年初めは、大期待だったのに。 ヽ(*^。^*)ノ
        :
        :
今では、マイナスじゃなければ・・・ ( ̄ρ ̄)



う~ん
投資に、大きな期待は、禁物ですな。


忘れた頃に

「あっ、増えてたよ。 w(°o°)w」

なんてのが、理想なのかもしれませんねぇ。



しかし、クアドリガのプログラム

右肩下がりで、パフォーマンスが落ちてきている。

これは・・・

よく言われているように
プログラムが、市場の動きに
合わなくなってきたり、していたりしない? ( ̄ー ̄;∂


(ちょっと、連続して負けすぎなような・・・)


・・・・・


なんか、若いファンドマネージャーが

最近の市場は
各国中央銀行が、相場を操作するから
値動きが、マイルドになっているとかどうとか。

そんなこと、騒いでますよね?


そういうの、関係ないのかなぁ。。。
う~ん。 ( ̄~ ̄;)?

2006/12/11(月)

『今週の為替相場 (12/11~12/15) 』

今、わたくし


NZドルが、80円を越えて

ドキドキ、ドキドキ (°O° ;)

まさか、こんな時が、こんなに早く来るとは!?



売り時なの? (°°;))。。

まだ、上がるの? ・・((; °°)



と、アタフタしつつ。。。




とりあえず、1万ドル、売りました。

まあ、私が売ったので、まだ、上がるでしょう。 f(^_^)



でも ・・・・・ 上がっても良いのです。(実は良くない)



私のポジション、オセアニア通過に偏りすぎてたので。
調整、調整なのです。 く( ̄△ ̄)ノ 投資は、バランスよくねぇぇぇ



ホント、次からは
ちゃんと相関の薄い通貨を、組み合わせなければ。


さて、狙いは、南ア ランドなんだけど。
今週は、どうかなぁ。 w(^_^)

日付 曜日 時間 内容
12/1118:3010月貿易収支
12/1200:0010月卸売在庫
08:5011月国内企業物価指数
18:3011月消費者物価指数
22:3010月貿易収支
12/1304:0011月月次財政収支億
04:15FOMC政策金利発表
08:5010月国際収支-貿易収支
13:3010月鉱工業生産速報値
13:3010月設備稼働率速報値
18:3011月失業率
22:3011月小売売上高
12/1400:0010月企業在庫
06:45NZ10月小売売上高指数
18:3011月小売売上高指数
22:30新規失業保険申請件数
12/1508:5012月日銀短観
14:0010月景気動向指数改定値―先行
19:0011月ユーロ圏消費者物価指数
22:3011月消費者物価指数%
22:3012月NY連銀製造業景気指数
23:1511月鉱工業生産
23:1511月設備稼働率


今週は、FOMC ですねぇ。

去年のFOMCでは
思いっきり痛い目に遭いました。 (>_<)



ホント、1年間、傷が癒えなかったですからねぇ。



う~ん、でも、今年の年末FOMCは
いまいち、注目されてない。 ('_'?)

まあ、去年が異常だった気がしますが。。。

なにも、起きないかな?


・・・・・


う~ん、なんとなく、なにもなさそう。

でも、なにかあっても、大丈夫。 o(^o^)o
1年で、割とポジションが安定してきたからね。 

とかいって、来週、死亡してたりして。 (x_x)

2006/12/10(日)

『ちょっとの利益で、利益確定していませんか?』

とても惹かれる投資手法を
本屋で、立ち読みしてきたので、書いてみます。


とても簡単なのです。


どんなのかというと


(1) 毎日、市場開始と同時に、同じ額の 売り/買いポジション を持つ。
(2) 両ポジションに一定のロスカットを設定。
(3) ロスカットにかかっていないポジションは、投資期間中ホールド。


こんなのです。


まあ、手順だけ書いても、なにがなにやら分からないかな?



・・・・・



えーと、まずですね。
この手法は、なにを期待しているかというと


人間の心理の


 損失はそのまま(先延ばし)
 利益は(早く)確定させたい


という心情を、防ぐための手法なのです。



もう一回、手順を見直してもらって。

そうそう、分かりますよね。
うんうん、この説明で、8割がた、解説終了です。



・・・・・



一応、ちょっとだけ。

この手法、売り買い両建てしているので
当然、片方のポジションは、ロスカットにかかってしまいます。


それは、前提です。


でも、片方のポジションは、それ以上の利益が出ますよね。
その利益が出ている方を、さらに長期で持って、育てていく感じです。

この利益を、積み上げると
損失以上の利益が上がることが、ほとんどの様です。


※ 実際の取引の例があったのですが、立ち読みなので、載せられません。


これ、利益が出ていた片方のポジションも
長期で持っているうちに、ロスカットにかかってしまう事もありますが
それでも、利益をトータルすると、収益はほとんどプラスになるようです。


利益を伸ばすことは、かなり重要なのですねぇ。



なかなか、おもしろ手法じゃないですか?



常に評価損を抱えた、株を持っている
そんな私と同じ境遇の人、意外と効くかもしれません。

2006/12/07(木)

『バーチャル取引の大会(為替ゲームFX1)に参戦します。』

私、前々からやりたいと思っていた。


セントラル短資オンライントレードの
為替ゲームFX1


※ FX(外貨証拠金取引)の
※ バーチャル取引の大会みたいなモノです。


の、第10回目が、12/4から、はじまっているみたいです。


これは、バーチャルで、お金いらず
上位に食い込めば、商品がもらえる

そして、一応、取引の修行にもなるし、ということで



私、早速、登録してみました。



そして、やってみると・・・

ベラボーに、重い。 (;-_-;)

なるほど
バーチャル取引って、はじめてやるけど
システムの使い勝手とか分かるから、結構やると良いですね。



そんなこんなで



・・・ いろいろと、てこずりつつ ・・・



一回目の注文が通るまで
約1時間ほど、なんとか注文OK

今、わくわくしつつ、約定待ち。 o(^-^o)

意外と、バーチャルでもたのしいな。。。
ちょっと盲点。


・・・・・


という訳で、私、ちょくちょく
バーチャル取引で修行しようと思います。


そんな、私の目標は
大会期間、3ヶ月間に、資金を倍です。 (⌒◇⌒)ノ




ちなみに

私の、為替ゲームFX1での
ハンドル名は、「うぃっちな~が」

もし、この名前を見かけたら、それは、私です。 ( ̄ー ̄)v

そして、参加者の中から、この名前が消えていたら
早々に、市場から撤退したと思ってください。

では。 d(-_☆)

2006/12/06(水)

『相続税 計算ツール 』

めちゃめちゃなお金持ちでも。


3代続くと、その財産は、ゼロになると言われていて。


相続税ってのは
がっぽり、持っていかれるイメージがありますよね。



でも、実際、自分の場合
どれぐらい払わないといけないのか?

普通の人は、たぶん、あまり良く知りません。



しかし、そんな時!!

そこら辺に転がっている本を参考に、私が作った。
この、相続税計算機 を使えば。

どれぐらい払わないといけないのか?
なんとなく、雰囲気が分かります。



相続税 計算機

遺産総額 万円
もらう人 配偶者 こども
  何人? → 


【使用方法】
 1. [遺産総額] のフォームに、遺産の額を、万円単位で入力して下さい。
 2. 遺産を受け取る人を入力して下さい。
    配偶者が受け取る場合、[配偶者]をチェックしてください。
    こどもが受け取る場合、[こども]をチェックし、人数を入力してください。
 3. [計算する] ボタンを押してください。


【お知らせ】
 配偶者 = 0人、もしくは、こども = 0人 の場合の計算
 すみません、よく分かりません。信用しないで下さい。 m(_ _)m



遺産の額が少ないと

 基礎控除      : 5000万円 + 相続人数×1000万円
 配偶者税額控除 : 1億6000万円

で、ほとんど相殺されます。

全然、相続税かからないよ!!
(ノ-_-)ノ ~┻━┻  そんな訳ねぇ
と、びびった方

たぶん、それは、間違いではないです。




※ いやいや、ホントに、この計算間違ってるよ。
※ とかありましたら、お便りください。 m(_ _)m

2006/12/04(月)

『今週の為替相場 (12/4~12/8) 』

先週は  w(^_^)


ユーロ、ポンドがいきましたねぇ。

 □ ユーロは、史上高値更新中
 □ ポンドは、1992年以来の高値

みたいですねぇ。



・・・・・ (回想中) ・・・・・



なんか、今年の春
ポンドを、206円で買って

ドーン ・・・・・ 201円まで下落。

(>_<)イタタタ 死ぬ死ぬ



って、なってたのが懐かしい。。。



あれは、その後

206円で、売り逃げて(?)

ふぅ ヽ( ´ー`)ノ  助かったぁ、って。



・・・・・ アホだ。



完全に、市場に踊らされている。 (;-_-;)


なんか、ちょっと悲しいな。



しかし!!ネバーギブアップ。
これからも、頑張っていくのです。

いくよ p(^-^q=p^-^)q いくよ。

日付 曜日 時間 内容
11/419:0010月ユーロ圏生産者物価指数
11/501:35ECB総裁、講演
09:30第3四半期経常収支
21:00ECB総裁、講演
11/600:0010月製造業受注指数
00:0011月ISM非製造業景況指数
07:30RBA政策金利発表
09:30第3四半期GDP
14:0010月景気動向指数速報値
11/705:00NZ政策金利発表
09:15日銀副総裁、講演
09:3011月新規雇用者数
21:00政策金利発表
21:45政策金利発表
22:30新規失業保険申請件数
11/805:0010月消費者信用残高
08:50第3四半期実質GDP改定値
14:0010月機械受注
22:3011月失業率
11/900:0012月ミシガン大学消費者信頼感指数


そうそう
今週は、金利の発表が、いっぱいです。

ユーロの金利UPは、ほぼ確実。

う~ん
こりゃぁ・・・ユーロ、まだ上がるかな。 ( ̄ー ̄;∂



でも、ユーロ、あまり持ってないから。
うれしくない。 (-_-;)



持ってるものは、下がって
買ってないものは、上がる

うんうん、これこそ
まさしく、相場の心理だね。 (⌒^⌒)b

2006/12/03(日)

『購入手数料 無料 のベトナム株ファンド 』

このブログでは
いろいろと、ベトナムファンドの事を書いてますが。


今日、フラフラといろんなサイトを見ていると


こんなファンドを見つけてしまいました。

グローバルリンクインベストメント
ベトナム株ノーロードファンド


なんと!( ̄  ̄!)
ベラボーに手数料の高い、ベトナムファンドの中にあって
ノーロードです。



またまた、そんな事言って

「運用手数料高いんじゃないの?」

と、思って見てみたら。


こんな感じで。

最低購入単位50万円
購入手数料無料
運用手数料
(成功報酬)
1.75% + α
(15%)
申し込み期間2006/12/15 ~
2007/2/28
運用期間3年間


そうでもない。

# 細かいところは
# 目論見書を見ないと分からないみたいです。(α のところ)



で、なんか、とても良さげなのですが。

会社が、無名で。そして、小さい。
資本金300万円の会社に、50億円を任せる。。。
それは、なんか不安だ。 ( ̄~ ̄;)



ただですね。



このファンドを運用するのが

この本書いた人みたいなんですよ。(戸松 信博

10万円から本気で増やす中国株

著者: 戸松信博ユナイテッド・ワールド・インベストメント
出版社: 情報センター出版局
サイズ: 単行本
ページ数: 340p
発行年月: 2002年04月


うっ。 ( ̄  ̄!)
私、この本、持ってる!

う~ん、マスコミに顔が出ている人か。。。
それは、下手なことできないかなぁ?
信用して良いのかなぁ。。。


ベトナムのファンド、欲しいんだよなぁ。


やばい。
欲しくなってきた。 ( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ


・・・・・


う~ん、これは
今月貰えるあぶく銭(ボーナス)で、買ってしまうかな。

ウーン、ウーン ( ̄~ ̄;)?? 悩むなぁ???





【念のため】
 なんか、宣伝みたいになったような気がしますが。
 宣伝ではありません。(私と、このファンドとの関係ゼロです。)

2006/12/02(土)

『日本初、有望な3分野に分散投資する、マルチテーマ型ファンド』

ちょっとだけ、気になるファンドを見つけました。


なんとなく微妙なのですが。
素通りできなかったので、ちょっとだけ。


これなのですが。

日本初、「水」・「農業」・「代替エネルギー」
3つのテーマを同時にカバーする マルチテーマ型ファンド
※ PDF:59KB


 □ 水 (水の供給、インフラ、品質等)
 □ 農業 (肥料・種・バイオテクノロジー等)
 □ 代替エネルギー (太陽・風力・バイオマス等)

こんな、3つの
有望そうな分野に、分散して投資するファンドみたい。


水へ投資するファンドとか
風力発電ファンド・太陽光発電ファンドとか

※ 農業ファンドってあったかな?

既に、いろいろ出てますが。
これらテーマ単位で、分散投資するみたいですね。(テーマ別分散が、新しい模様)




気になる手数料等は、こんな感じ。

最低購入単位50万円
購入手数料最高 3.15%
運用手数料1.764%
申し込み期間2006/12/11 ~
2006/12/19


普通ですね。



・・・・・・・



そうなんですよねぇ。

このファンド
投資する各テーマは、切り口が良いと思うのですが。

それを分散することによって
なんか普通になっているような。。。

まあ、それが新しいらしいのですが。




どんなもんでしょう? ( ̄~ ̄;)??
なんか、日本初らしいので、一応、書いてみました。


※ このファンドに、ぐっ、ときた方
※ やる気なさげで、すみません。

2006/12/02(土)

『2006年、株価予想は当ったのか?(さわかみ社長)』

今年も、後1ヶ月になるわけですが。


そんな年末に
気になったり、ならなかったりする事


「今年はじめのアナリストの、市場予想は当ってたの?」


どうです?
気になりません?( ̄~ ̄;)??



・・・・・



私は、割と気になって

それで、ちょっと、見てみたのです。



ただ
あまり関係のない人の、予想を見ても
「そうなんだ、へぇ~ ( ̄。 ̄) 」って、なるだけなので


投資信託の積み立てをしている

さわかみ投信

の社長さんの予想を見てみました。




そう
さわかみ社長の、2006年度の予想は

こんなのだったのですね。

【2006年を読む】急落局面こなしつつ株式の上昇は続く
――澤上篤人・さわかみ投信代表取締役(05/12/28)



どれどれ、日経平均の予想は・・・


   1万5000円 から 2万4000円 の間


( ̄~ ̄;) ウーン
これは、範囲的には、合ってるけど

2万4000円には、かすりもしてないから
これだけ見ると、結構、はずれ、かなぁと思いますが。


その他、書いてることは、割と当ってるような。 ( ̄~ ̄;)



>> 金利上昇局面では実力のない企業が派手に売られる



こんなとこなんてね。
この当時、量的緩和解除されてませんしね。

実際、私の持ってた、実力のない企業
派手に売られてますしね。 (T_T)



う~ん、なかなか、良いとこ突いてるのかなぁ。

これで、日本株、上がってくれたらなぁ。



そういえば・・・



なんでも
日本の株価指数は、世界の株価指数の中で
ワースト10に入ってるらしいですよ。 (80国中、下から6番目)

参考 : 日本株投資戦略~日本株不振にいらだつ外国人投資家



う~ん、ひどい。 (>_<) ワースト10って・・・


ここらへんは、予想通りなのかな?
割と強気なこと、書いてたけど。


これから、期待なのかな?


下がった所を、モリモリ買い増ししてるみたいだし
そうなんだろうな。
うんうん、そうだよ、きっと。(願望)



・・・・・・・・



しかし、さわかみ社長の予想が、割と当ってて良かった。
全然、当ってなかったら

( ̄□ ̄;)ガーン 私のお金・・・

ってなるから。

よしよし、ガンバレ、さわかみ社長 o(^-^o)

2006/12/01(金)

『利息の中から、1日分、こっそりネコババします。』

今、ちょっと
金利の本を読んでいてですね。


「へぇ~っ。 ( ̄。 ̄) 」 と思ったことを
書いてみます。



何かというとですね。



お金を

預けた時 と 借りた時

の利息の計算期間についてです。



これは、当然

預けた時は
いっぱい返ってきて欲しいから
利息計算期間は、長い方が良いですよね?

※ 借りた時は逆ですね。



ただ、まあ

[預入れ期間] = [借り入れ期間]

であれば

利息の計算期間は、同じなのが、自然かなぁと、私は思います。



でも、ですね。
どうやら、違うようなのです。



こんな感じみたい。(絵、書いて見ました。)


金利計算期間


う~ん、しょぼい絵だ。 ( ̄ー ̄;∂

いやまあ、なんとなく、分かってもらって。


そうなんです。


[預入れ期間] = [借り入れ期間] の場合でも

なぜか、利息の計算期間は

  [預けた時] = [借りた時] - 1日

となるようなのです。


・・・・・



預けた時の、儲けの1日分は
金融機関が頂いちゃうみたいです。 ( ̄~ ̄;)


微々たる額だと思いますが。


なんか、こっそり1日分、ネコババされてる感じで
ヤダなぁと。 ( ̄~ ̄;)


Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。