ふと
今、ちょっと、ビクビクしてます。
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
人気ブログランキングへ
--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/10/31(火)

『レラティブストリングス投資 とは?』

突然ですが。
レラティブストリングス投資 って、知ってます? w(^_^)


この本に、のってたんですけどね。

アペル流テクニカル売買のコツ アペル流テクニカル売買のコツ
MACD開発者が明かす勝利の方程式

著者:ジェラルド・アペルオーバルネクスト
出版社:パンローリング
サイズ:単行本/347p
発行年月:2006年06月

レラティブストリングス投資、どういう投資法かっていうと

基本のコンセプトはこんな感じ

 □ リーダーを特定する
 □ リーダーを買う
 □ 先頭を走っているうちはそのリーダーを手放さない
 □ リーダーが失速すれば、それを売って、新たなリーダーを買う


私の言葉で、まとめると

パフォーマンスの出ているファンドを定期的にチェックして
その都度、トップのファンドに乗り換える投資法

って、感じになります。


そうそう
意外と、「あぁ・・・」って感じの投資法です。


いろいろ気になるところがありますよね。
乗り換えが頻繁だと、手数料かかりそうとか。

でも、そういうのは
不必要な損はしないように、お約束が決まってます。

 □ S&P500よりボラティリティが低いものを選ぶ
 □ 販売手数料、無料のものを選ぶ
 □ 償還手数料、無料のものを選ぶ
 □ パフォーマンスが、トップ10%以内のものから選ぶ
 □ 数百程度のファンドのパフォーマンスをチェックする
 □ パフォーマンスのチェックは、四半期を目処にする


そして、このお約束に従って、投資した結果

こんな感じになったらしいです。

レラティブストリングス投資 パフォーマンス


見てもらうのは、”第1デシル”ってところ
ここが、トップ10%のファンドに投資した結果です。

※ 他のは、トップ20、30、、、100%へ投資したものです


年間利益 14.1% ですね。


このとき、インデックスファンドの結果は

S&P500 インデックスファンド10.8%
バンガードS&P500 インデックスファンド10.7%


そう、インデックスファンドよりパフォーマンスが良いんです。
S&P500よりボラティリティが低いものを選んでるのに。

ローリスク、ミドルリターンです。

ということで
この投資法、なかなか効果的なようです。

興味のある方、一度、どうですか? w(^_^)


・・・


と言いつつ。

実現は、ちょっと難しいかなぁ、と思うんですよね。

ファンドの乗り換えって、結構、手間がかかるので。
いろんな証券会社を、行ったり来たりしないといけないし。

この投資法をするには
ネット取引の環境を、ばっちり整えないとなぁ。 f(^_^)

スポンサーサイト
2006/10/30(月)

『今週の為替相場 (10/30~11/3) 』

先週、金曜
どぉ~んと、来ましたね。 w(^_^)


米ドル急落です。。。


そして、まさに、そのとき!!


私の買いたい病が、発病し。
買ってしまいました。。。 (-_-;)



滑り落ちるナイフを、素手でつかむように。 (-_★)

そして

(>_<) いたたた...

只今、損失保有中。1ドル=118.10円なり。



118円前半で下げ止まる、と思ったんですけどねぇ。 f(^_^)
また、塩漬かっちゃうかなぁ? あぁ~ぁ。。。


さて、今週はどうかなぁ? w(^_^)

日付 曜日 時間 内容
10/3022:30リッチモンド連銀総裁、講演
22:309月PCEコア・デフレータ
10/3108:309月失業率
08:309月有効求人倍率
日銀目標金利発表
15:00日銀、10月展望リポート
15:30福井日銀総裁、定例記者会見
19:0010月ユーロ圏消費者物価指数速報値
11/0100:0010月消費者信頼感指数
00:0010月シカゴ購買部協会景気指数
09:309月住宅建設許可件数
11/0200:009月建設支出
00:0010月ISM製造業景況指数
02:00バーナンキFRB議長、講演
09:309月貿易収支
09:309月小売売上高
21:45ECB金利発表
22:30新規失業保険申請件数
11/0300:009月製造業受注指数
10:15バイズFRB理事、講演
22:3010月非農業部門雇用者数変化
22:3010月失業率
11/0400:0010月ISM非製造業景況指数

う~ん、分からん。
なにが起こるか、さっぱりだ。 ?(゜_。)?


円安の流れに、乗ったかと思えば。
根強い、円高への戻し。


なんか、一気に円高方向へ、いっちゃったりして。 ('_'?)

あんまり、年末に円高には、なって欲しくないんですよねぇ。
円を売ってるのとは別に。

円高だと、ボーナスが、少なくなるんですよ。。。地味に。

2006/10/28(土)

『安売り中の債券、ディスカウント債!!』

この記事のタイトルを見て

( ̄ .  ̄)ノ" ナンデヤネン

と、思った人

あなたは、正しいです。


そうなんですよ。
ディスカウント債って、安売り中の債券では、ないんですよ。


・・・


って、突然
なんのことか分からないですよね。


・・・


なにかっていうと

こんなの出てるのを見つけてですね。

ニュージーランドドル建ディスカウント債 PDF:118KB


なに?ディスカウント?
安売り中なの? (( ^_^)^^ )

と、「ディスカウント」って言葉に釣られたのが、はじまり。


残念ながら
別に、安売り中の債券では、なかったのです。。。 ( ̄ρ ̄)


・・・ それだけなんですけどね。


知ってました?
ディスカウント債って?


私のように、ディスカウント債、知らなかった人に

こんなものの模様

ディスカウント債
通常よりも低い利率で
発行価額が額面金額よりも低く設定されており
償還時には額面で償還される債券

分かります?

むずかしいですね。 (^_^;



私の理解したところによると

ニュージーランドドル建ディスカウント債 を、例に。

利回り/年 :  5.935%  運用期間全体で見たときの儲かり率
利率/年  :   1.00%  毎年もらえるお金
売出価格  :  63.17%  買うときの値段
償還価格  : 100.00%  満期時に手にするお金
運用期間  :     10年

こういう動きをするもの・・・だと思います。

→ 63万円で買って
→ 毎年1万円もらう(1.00%)
→ 10年後には、差額分が払い戻される。  ※差額であってるかな?
→ トータル100万円になる(10年間の利回りは6%)

なんか、中途半端な感じですね。
小出しにもらいつつ、最後にポンと。


・・・


えーと、そうそう。
こんな2種類の債券がありますが

ゼロクーポン債
額面金額から割引された価格(63.17%など)で購入
満期には額面の満額(100%)が受取れる。
利息はもらえない。

利付き債
額面と同じ額で発行。
利息(5.935%など)が受取れる。

ディスカウント債 は、この中間に位置するものらしいです。


どうです?この説明で、分かってもらえました?

余計に、分からなくなったりして。 ヽ(^o^;)ノ


そういえば

このページの下の方に
図付きの、ディスカウント債の仕組みがのってますので

国税庁 ディスカウント債の評価

参考までに

って、最初に、これを書いとけばよかったですね。 (-_-;)

2006/10/27(金)

『安心・高利回り!?パチンコファンド 資料いろいろ』

以前、こんなのを書きました。

安心・高利回り!?パチンコファンド


パチンコ事業に投資する、パチンコファンドです。

これです。
Woodstar investment パチンコファンド


この、パチンコファンドですが。
私、資料を請求していて、それが、到着しました。


ということで
今日は、その資料を、バシバシ貼っていこうと思います。



まずは、これから

パチンコファンド-募集要項
募集要項です。

申し込み単位:1口 50万円
募集口数:700口
年利回り:12.0%~18.0%
運用期間:5年間
JPG:57KB ※クリックすると拡大します。


この予定利回りは・・・魅力的ですね。
申し込み単位も、まあまあ、お手軽。

いい感じです。



そして、気になるのが
こんな利回り、ホントに出せるの?
ってところです。


こんなのが付いてました。

投資対象のパチンコ屋さんの、これまでの営業実績です。

パチンコファンド-営業実績

JPG:32KB ※クリックすると拡大します。


これまで、安定して利益を上げているように見えます。

ただ、この利回りが妥当なのか?
さっぱり、分かりません。 (*°ρ°)

平均13%以上の営業利益率 らしいのですが、凄いんですかね?

13%では、足りないのでは?
と、単純に思ったのですが。。。営業利益???


どうなんでしょう?


あと、計画賃借対照表 なんてのも付いてました。

パチンコファンド-計画賃借対照表1
パチンコファンド-計画賃借対照表2
JPG:231KBJPG:207KB
※クリックすると拡大します。

これも、見る人がみれば分かるのでしょうが。
私は、分かりません。。。 (_´Д`)


・・・


全然、分かってないまま
絵を、貼るだけ貼って
唐突に、今日は終わります。 m(_ _)m


※スキャナに、絵を取り込むので、力尽きました。



そういえば
投資対象のパチンコ屋さんの広告が、入ってたので
これも、おまけに、貼っときます。

パチンコファンド-広告


どうです、いい台、入ってます?




いろいろと興味の尽きないこのファンドですが。

2006/11/10 に、完売したようです。

日本では、通常考えられないほど、高金利なこのファンド。
これから、どうなることやら? ヽ(^o^;)ノ

2006/10/25(水)

『新発売、ベトナムへ投資するファンド』

最近、ベトナムへの投資が、盛り上がってますね。


そう、既に、いろんなファンドが出ています。

名称取り扱い会社
アイザワ トラストベトナムファンドアイザワ証券
ベトナム・ドラゴン・ファンド・リミテッド安藤証券
ベトナム民営化ファンドユナイテッドワールド証券
ベトナム・ドラゴン・ファンドキャピタル・パートナーズ証券

※以前の記事、流用。


そしてまた
新しい、ベトナムへ投資するファンドが、登場しました。


これ

ベトナム ファンド2006-11 ※ PDF:1129KB


東洋証券 から発売です。

まだ、資料が少なくて、よく分からないのですが。

ひと足先に、発売されている
アイザワ トラストベトナムファンド
と、料金がよく似てますね。

こんな感じ。

購入手数料3.15%
最低購入単位10万円
信託報酬等1.68%
成功報酬10.5%


でも
投資対象は、ちょっと違っていて

この ベトナム ファンド2006-11
未公開株への投資はなしで、大き目の企業に投資するみたい。

私は、他のベトナム系ファンドと比べると
ボラティリティは、低くなりそうな? w(^_^)

そんな雰囲気を感じました。(漠然)


・・・


WTO加盟も近そうだし。
(来月には、加盟してるかもしれないですね。)


ベトナム投資、これから、熱くなりそうだなぁ。 ヽ(^o^;)ノ


2006/10/24(火)

『引退して大丈夫?定年後のやりくり能力を計る。定年力検定』

なかなか、時代を感じる(?)
ニュースを、見ました。


これなんですが。

ありますか?「定年力」 鹿児島で11月検定試験


鹿児島県FPセンター
定年力検定 ってのを、やるみたいです。


定年後、金銭的に余裕を持って
暮していける
金融の知識を、もっているかどうか?


これを、チェックする検定のようですね。


試験は、こんな感じの模様

科目年金
保険
税金
金融資産運用
不動産
相続
形式三者択一
認定基準各教科70点以上
開催日11月5日

この 定年力検定
良い企画だと、私は、思うのですが。

これ、認定されたら、どうなるんですかね? (;^_^A


張り合いのためかな?

いや、なんとなく
認定する/しない って、必要ないんじゃないかと。。。

・・・

実は、私の両親、もうすぐ年金生活で
悪徳商人に、だまされないように
こんな試験でも、受けて、勉強してほしいんですよねぇ。

意外と、銀行員とかが
悪徳商人だったりするからなぁ。。。 f(^_^)

2006/10/23(月)

『今週の為替相場 (10/23~10/207) 』

なかなかの高値で、いますね。

米ドルは

・・・

なんか、8月初旬から
キュッ、キュッ、キュッ と、きましたね。

まあ、でも

落ちる時は、ドォーン、と落ちるので
米ドル買っている人は、安心してはいけないです。

と、自分にも言い聞かせて

さて、今週は w(^_^)

日付 曜日 時間 内容
10/2417:008月ユーロ圏経常収支
23:0010月リッチモンド連銀製造業指数
10/2506:45NZ第3四半期消費者物価
08:509月通関ベース貿易収支
10:30第3四半期消費者物価
23:009月中古住宅販売件数
10/2603:15FOMC政策金利発表
05:00NZRBNZ政策金利発表
17:00トリシェECB総裁、講演
21:309月耐久財
21:30新規失業保険申請件数
22:00NY連銀総裁、講演
23:009月新築住宅販売件数
10/2701:20クロスナーFRB理事、講演
05:10ミネアポリス連銀総裁、講演
06:45NZ9月貿易収支
08:309月全国消費者物価指数
21:30第3四半期実質GDP速報値
21:30第3四半期個人消費速報値
22:4510月ミシガン大学消費者信頼感指数

今週は、FOMCがありますね。

金利、据え置きは、ほぼ確実で
あまりインパクトなさそう。

・・・

さて、なにやら
円安方向に、動きそうな雰囲気では、あるのですが。

ここで、買っちゃう勇気は、私には、ない・・・

そんな時に限って
意外と、上がっちゃう気がするなぁ。 f(^_^)

2006/10/22(日)

『環境系ファンドへの投資は、税金がお得!?』

投資して、儲かっても
税金は、問答無用で持って行かれます。


マイナス 20% です。
かなしい事に。 (-_-;)

・・・

でも、環境問題に取り組んでいる企業に投資する
エコファンドって、ありますよね。

このエコファンドに、投資すると
来年から、おまけしてくれるように、なるみたいです。

環境重視型の投信エコファンド、個人投資家に税優遇


おまけの中身は

 ・ 得した場合 : 税金がかかるのは、利益の半額だけ
 ・ 損した場合 : 損失は、3年間繰り越せる

だとか。


まだ、どのファンドが対象になるか、分かりませんが。
環境対策をしている企業は、これから伸びそうだし。

楽しみ。 (⌒‐⌒)


しかし、手数料やら、税金やら
儲けるのって、難しいですねぇ。 ヽ(^o^;)ノ

2006/10/19(木)

『安心・高利回り!?パチンコファンド』

このブログに来て下さっている
あなた!?

パチンコファンド って、知ってます?

私は、知りません。 (?_?)


・・・


って、いや
今日、はじめて知ったんですけどね。 (^_^;

ここで、取り扱っているみたいなんですけど。
Woodstar investment パチンコファンド


これが凄いんですよ。

予定利回り12% なんだとか。(上限20%)


円建てで、この利回りですよ。
驚異的ですよね。

「パチンコ経営は、損する方が難しい。」(パチンコ屋でバイトしてた友人談)
って聞いたことがあるんです。

台の設定を、ちょっといじるだけで
数十万ぐらい、すぐ儲かるんだとか。

なかなか、良い商売です。 (;¬_¬)

・・・

これ
パチンコファンド、なかなか熱くないですか?

ということで、ちょっと、資料請求してみました。
良さげなネタが載ってたら、また紹介します。


で・・・
今日は、あまり書く事がないので。
また今度。 (^o^)/~~

2006/10/17(火)

『海外債券投資 為替レート 損益分岐点 計算ツール 』

海外債券に投資する場合に
為替レートは、運用結果にとても影響します。

で、実際に投資した場合
どこまでの円高までなら利益が出るのか?


これを知っておくのは、割と良いことです。
というか、それぐらいは、普通しますよね。 f(^_^)

で、まあ、そんなの簡単に計算できるのですが。
さらに楽にする為に、ツールを作ってみました。


外債投資 損益分岐点 計算機

為替レート 円 (1通貨当りの価格)
利率
運用期間
税金

満期時に
為替レートが
までなら利益が出ます。

【使用方法】
 1. [為替レート] のフォームに、外債購入時の為替レート※を入力してください。
    ※1通貨当りの円価格 (1ドル=120円 など)
 2. [利率] のフォームに利率(税抜き)を入力して下さい。
 3. [運用期間] のフォームに運用期間を年単位で入力して下さい。
 4. [税金]のフォームに、税金を入力して下さい。(通常20%で良いです。)
 5. [計算]ボタンを押して下さい。
 6. 計算結果が、一番下のフォームに計算結果が出力されます。

【注意】
 ツールの計算結果は、為替手数料を含んでいません。
 その為、実際は、もうちょっと余裕を見る方が良いです。

2006/10/16(月)

『今週の為替相場 (10/16~10/20) 』

おかげ様で

昨年末に買った
米ドル 119.25円が、決済できました。 \(*T▽T*)/

ちょっとだけ、儲かりました。


5月辺りは、損失200万ぐらいあったからなぁ。
よく、生きて帰って来れたもんだ。 [(~∇、~;)


さて、今週も順調でありますよ~に。 ((((*^o^*)†~~~

日付 曜日 時間 内容
10/1613:309月企業倒産件数
19:00トリシェECB総裁、講演
21:3010月NY連銀製造業景気指数
10/1702:30バーナンキFRB議長、講演
02:30セントルイス地区連銀総裁、講演
04:40サンフランシスコ地区連銀総裁、講演
08:508月第三次産業活動指数
17:309月消費者物価指数
18:009月ユーロ圏消費者物価指数
18:0010月ZEW景況感調査
21:309月生産者物価指数
22:008月対米証券投資
22:159月鉱工業生産
22:159月設備稼働率
10/1814:008月景気動向指数確定値-先行
14:00日銀金融政策決定会合議事要旨
17:30MPC議事録
17:309月失業率
18:008月ユーロ圏貿易収支
21:309月消費者物価指数
21:309月住宅着工件数
21:309月建設許可件数
23:30トリシェECB総裁、講演
10/1921:30新規失業保険申請件数
23:009月景気先行指標総合指数
10/2001:0010月フィラデルフィア連銀指数
17:30第3四半期GDP速報値

う~ん、今週は
毎日ちょこちょこ、気になる発表があるなぁ。

北朝鮮のこともあるし。

動きが読めませんねぇ。 (>_<)


まあ、読めたことないけど。。。


でも、なんか
評価損が減ってくると、買いたくなってくるんですよねぇ。
((o(>_<)o)) うずうずっ

2006/10/15(日)

『国債発行は、実は、法律違反?』

今日、この本を読んでいて

「へぇ~っ」と、思った事を、書いてみます。

株が危ない! 株が危ない!
金融市場ゲームオーバー

著者:藤原直哉
出版社:あ・うん
サイズ:単行本/235p
発行年月:2006年08月


なにかっていうと


日本って

戦後20年間、国債発行をしていなかった

らしいんです。


というか、国債って

国、地方公共団体が
必要な予算を調達するための方法を定義している
財政法 では、認められてないみたいなんです。


でも、個人向け国債とか、いっぱい売り出されてますよね。


この国債、なぜ発行できるかと言うと
特例を作って、例外的に発行しているのだとか。


・・・


「へぇ~っ」と、思ったんですけど。 (’-’)

知ってました?
常識だったりして。 f(^_^)


マイルールを破った投資は、負けるって言いますけど
国は、40年前から破ってたんですね。

負けなきゃ良いけど。。。 (^_^;

(ちょっと、たとえが違うかな。)

2006/10/13(金)

『ワインファンドは、絶好調!!』

突然ですが。。。
ワインファンドって、知ってます? w(^_^)


 ワインを若いうちに買付け
  数年間熟成させ
 価格が上昇したときに売却する


こんな感じで、ワインに投資して、利益を得るみたいなのですが。


私、いろいろある、エンターテイメントファンドと一緒で
キワモノファンドかと思ってました。


でも、ですね。
ワインファンド、実績、すごい良いみたいなんですよ。

実績、ここです。 → 過去の実績


今のところ、元本割れなし。

上のページには、載ってませんが。

2000年に収穫されたワインに投資したファンドは、
3年11ヶ月で、運用実績 215.5%

すごいですよね。 (;¬_¬)


それにですね。


ワインって、時間が経てば経つほど価格が、上がるんですよ。
なので、価格の上下を、(あまり)気にする必要なし。

そんな感じで、のんびり投資できそう。
これは、良いですよね。


・・・


なにげに、富裕層向けのファンドみたいです。

そのせいか

最低投資金額が
安いので、300万円 / 高いので、1000万円
と、投資するには、結構まとまったお金が必要です。


これだけの金額を、ワインに投資するのは
なんとなく、抵抗感がありますが。。。

なかなか、手堅いファンドな気がします。
私、次の募集には、チェックしようかと思ってます。


・・・


最後になっちゃいましたが。
ワインファンドのトップページは、こちら → ワインファンド[[VIN-NET]]

※ ここ、日本で唯一のワインファンドの現物業者らしいです。

2006/10/10(火)

『ジム・ロジャースお薦めの商品指数に連動したファンド 販売開始』

何回か書いている

[ロジャーズ国際商品指数]ファンド 商品新時代

ですが。


とうとう、販売が始まりました。 (募集期間:10/2~11/15)

と、同時に、私のところへ申込書が送られてきました。


それで
割と大きな変更が書いてあったので、載せときます。

商品時代 変更箇所

※ クリックすると拡大します。 JPG : 92KB

大きな変更・・・何かっていうと
管理報酬が、0.5% 安くなってるんです。

※ 購入の際は、販売会社に正式にお問い合わせください。 m(_ _)m

おぉっ、それは大きい。 (◎_◎)


で、結局、毎年いくら引かれるの?
というと・・・

3.2% + 雑費 (税金含まず)


やはり高い。。。 (-_-;)



類似のファンドで、こんなのがありますが
ダイワ・コモディティインデックス・ファンド
(ジム・ロジャーズ世界探検記)


これだと、年2.0%の手数料
これぐらいに、ならないもんですかねぇ。。。

(これでも、ちょっと不満。)

販売手数料0だし、無理かな?


・・・


個人的に、商品系のファンドをひとつ買っておきたいのですが。

どうも踏み切れない。

う~ん
インデックスファンドで、毎年3%も取られるのって高くない?
この価格って、妥当なの??? (@_@;)

・・・

まあ、一番に買うから儲かるってもんでもないし。
ちょっと、様子を見てみようかな。

クアドリガの事もあるしね。 w(^_^)


関連記事:
ジム・ロジャースお薦めの商品指数に連動したファンド
ジム・ロジャースお薦めの商品指数に連動したファンド 公演

2006/10/10(火)

『クアドリガ・スーパーファンド の実績チェック 9月分』

またまた、毎月恒例の
クアドリガ・スーパーファンド・ジャパン
の、パフォーマンスチェックの日がやってきました。


さてさて、今月は。 w(^_^)


戦略シリーズ通貨名 前月比設定以来
戦略A1次募集日本円+3.62%-6.29%
戦略B+7.34%-8.44%
戦略C+11.15%-11.66%
戦略A2次募集+3.62%-10.71%
戦略B+7.34%-16.24%
戦略C+11.15%-21.15%
戦略A3次募集+3.61%-5.52%
戦略B+7.35%-7.86%
戦略C+11.15%-9.57%
戦略A4次募集+3.61%+3.61%
戦略B+7.34%+7.34%
戦略C+11.15%+11.15%
戦略A1次募集米ドル+2.93% -8.06%
戦略B+6.63%-10.30%
戦略C+10.42%-13.40%
戦略A2次募集+2.93%-14.00%
戦略B+6.63%-19.32%
戦略C+10.42%-24.05%
戦略A3次募集+2.93%-8.52%
戦略B+6.63%-10.80%
戦略C+10.42%-12.45%
戦略A4次募集+2.93%+2.93%
戦略B+6.63%+6.63%
戦略C+10.42%+10.42%

※ 詳しくは、ここ


おぉ~っ、騰がってるぅ。 \(^o^)/
戦略Cは、ここ1ヶ月で10%も騰がってます。

残念ながら、私は、まだ、トータルマイナスですが。 (-_-;)
まあ、良し。

・・・

さて、騰がった理由ですが。
どうやら、天然ガス先物で、売りポジションを持っていた模様。

天然ガスといえば・・・
大損した、ヘッジファンド アマランスが思い浮かびます。

アマランスの損が、クアドリガの利益
になってるのかもしれませんねぇ。 f(^_^)

いやぁ、厳しい世界だ。 (-_★)


・・・


しかし

先月、このファンドを購入した人が
半年以上前に購入した私より利益を上げているって

なんか複雑。 (^_^;

やっぱり、投資はセンスだなぁ。。。

2006/10/09(月)

『今週の為替相場 (10/9~10/13) 』

今日は
北朝鮮がエライことを・・・・・

あの国は、怖いですね。
全く。。。 (((=_=)))ブルブル


そのせいもあってか、円が売られてます。


まあ、影響は、一時的でしょうが。

とりあえず、今は、1ドル=119円台
今が売り時なのか?
迷いますねぇ。 (@_@;)

・・・

さて、今週は、どうかな?
北朝鮮の話題で、消えてしまいそうな気がしますが。
一応、チェックを。 φ(・_・。 )

日付 曜日 時間 内容
10/917:309月生産者仕入価格
10/1014:008月機械受注
17:308月貿易収支
16:009月景気ウォッチャー調査
23:008月卸売在庫
23:309月先行・一致指数
10/1115:00工作機械受注
18:00第二四半期GDP
10/1208:509月マネーサプライ
10:309月雇用統計
08:508月経常収支
08:508月貿易収支
21:308月貿易収支
21:30新規失業保険申請件数
10/13日銀金融政策決定会合
21:309月輸入物価指数
08:509月国内企業物価指数
21:309月小売売上高
08:50輸出・輸入物価指数
22:4510月ミシガン大学消費者信頼感指数
13:308月鉱工業生産
23:008月企業在庫
13:308月設備稼働率

今週は、日銀金融政策決定会合 がありますね。

前回に続いて
金融市場調節方針等に関する決定事項

たぶん、現状維持ですね。
円安ネタではないですね。残念ながら。 f(^_^)

う~ん

北朝鮮の話題が、消えた時点で
再び、円高に動くのかなぁ。

・・・

うん、それまでに、米ドル少し売っちゃおうかな。
久しぶりだなぁ。注文出すの。 (^_^;

2006/10/06(金)

『株の夜間取引、提携先が増えて、取引量が増える?』

カブドットコム証券 では
最近、株の夜間取引を、はじめています。


あまり取引量が、伸びてなさそうですが・・・


でも。
それに提携する、証券会社が出てきたようです。

夜間取引市場「kabu.comPTS」への三証券の参加について


この3証券が参加する予定の模様

 ・ 三菱UFJ証券
 ・ ゴールドマン・サックス証券
 ・ BNPパリバ証券


ゴールドマン・サックス証券 は、一回失敗してるので
再チャレンジですね。

米ゴールドマン・サックス、株式の夜間取引サービス“Moon Trade”を発表
※ 2000年12月13日 の記事です。


次は、上手くいったら良いですねぇ。 q(^-^q)

2006/10/03(火)

『ラリー・ウィリアムズ比率 相場の転換日 予想ツール』

フィボナッチ比率 相場の転換日 予想ツール に続いて

ラリー・ウィリアムズ比率を使った
相場の転換日 計算機を、作ってみました。

元ネタは、こちら

ラリー・ウィリアムズ比率で、ピークを予測


実は・・・

フィボナッチ計算機を、ちょっといじっただけです。
手抜きです。 (;^_^A



ラリーウィリアムズ比率 相場の転換日 計算機

ピーク ①
ピーク ②
ピークの種類 トップ ボトム



【使用方法】
 1. 過去のチャートを見て、同じ向きの(鋭い)ピークを二つピックアップしてください。
 2. 2つのピークの内
    古い方の日にちを [ピーク ①] の各フォームに入力してください。
    新しい方の日にちを [ピーク ②] の各フォームに入力してください。
 3. ピークの向きを、[ピークの種類] フォームに入力してください。
    ※上向きピークなら、[トップ]
    ※下向きピークなら、[ボトム] を選んでください。
 4. [計算] ボタンを押してください。
 5. [次のピーク] に表示されている日にちに
    [トップ] もしくは [ボトム] をつける可能性が高いです。


【ラリー・ウィリアムズ予想 イメージ図】
ラリー・ウィリアムズ比率

2006/10/02(月)

『今週の為替相場 (10/2~10/6) 』

おっ
おぉっ (^O^)
米ドル、また上がってる~。 \(^o^)/

と、・・・いうことで。

米ドル、1ドル=118円、突破中です。 (ノ^^)ノ


でも、なんか伸びがない。 (>.<)
どうも、118円前半を抜けないんですよねぇ。


ここを抜けたら
119円まで、一気に、いきそうな気がするんですけど。

なかなか。 (^_^;

そうなったら
昨年末から、大切にもっているポジション
119.25円を、処分できるんですが。。。


まあ、もうしばらく、保有かな。 f(^_^)

日付 曜日 時間 内容
10/223:008月建設支出
23:009月ISM製造業景況指数
10/310:308月小売売上高
18:008月ユーロ圏失業率
18:008月ユーロ圏生産者物価指数
10/408:30RBAキャッシュターゲット
10:308月貿易収支
18:008月ユーロ圏小売売上高
23:009月ISM非製造業景況指数
23:008月製造業受注指数
10/501:00バーナンキFRB議長、講演
20:00BOE金利発表
20:45ECB金利発表
21:30新規失業保険申請件数
10/614:008月景気動向指数速報値-先行
17:308月鉱工業生産
17:308月製造業生産高
21:309月非農業部門雇用者数変化
21:309月失業率
10/704:008月消費者信用残高

え~と、今週は。 w(^_^)

金利発表が、いっぱいありますね。
豪ドル、英ポンド、欧ユーロ と、3つも。

そして、ユーロの金利が、上がるっぽいですね。

・・・

まあ、どうかな?
今週は、円高が進むのは、あまりなさそうかな。

いやぁ、最近、良い感じ。
もうすぐで、評価損ゼロ!! o(^o^)o

2006/10/01(日)

『不動産投資の、これから、どうなる?』

最近、都市圏の地価が上がってきていて
不動産投資が好調そうですが。

こんな感じで

〔話題株〕不動産株:基準地価が三大都市圏住宅地・商業地とも16年ぶり上昇


でも、最近、読んだ本によると
これからの不動産投資は

これから・・・ (>_<)
あまり良くなさそうです。


この本なんですけどね。

現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる資産運用 現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる資産運用
資産防衛のプロが教える「相場に左右されない」投資の

著者:前田和彦
出版社:フォレスト出版
サイズ:単行本/209p
発行年月:2006年08月

さて
これからの不動産投資、なにがダメっていうと。

・・・

その前に

まずですね。
最近の不動産投資の調子が良い理由を見てみます。


 (1) 海外ブランド店の出店
 (2) 都市(再)開発
 (3) マンションブーム
 (4) 不動産投資ブーム


この4つ

さて、この内容を細かく見てみると

 (1) 海外ブランド店の出店

     ブランド店は、そのステータスUPの為に、良い不動産をゲットに
     お金を出し惜しみしないようです。
     そんなブランド店の出店続出により、地価上昇です。

     こんなニュースも出てます。
      採算よりも銀座よりも「表参道」 ヒルズ効果で土地高騰


 (2) 都市(再)開発

     これは、品川が新幹線が止まるようになって
     東京都が開発を進めてますよね。
      品川周辺地域都市・居住環境整備基本計画の策定について

     そういうのです。

     こんなのも
      表参道沿いの用地を取得、都市型商業施設開発へ/東急不


 (3) マンションブーム
    
     ① 不景気時の為、企業が優良な保有施設を低価格で放出
        → 優良物件が、手ごろ価格で手に入る
     ② 低金利によるローンの負担小

     こんな原因で、マンション購入者が多かったようです。
     そんな訳で、地価上昇です。


 (4) 不動産投資ブーム

     これは、REIT(不動産投資信託)の影響です。
     REIT 、いっぱい売り出されてます
     その資金が流入して、地価上昇です。


・・・

不動産投資の調子が良い理由は、こんな感じ。


で、これが
これからどうなるか見ていくことで。
ダメなところを分析します。


 (1) 海外ブランド店の出店
 (2) 都市(再)開発
     → 地価上昇は、一時的
     → 開発地域のみの上昇
 (3) マンションブーム
     → 供給過剰になってきている
     → 金利上昇による購買意欲の低下
 (4) 不動産投資ブーム
     → 買い得不動産減少
       参考:三大都市の地価上昇でファンドに陰り
 (5) おまけ
     → 地震
       東海大地震   30年以内の発生確率 84%
       首都直下地震 30年以内の発生確率 70%
       らしいです。


こんな感じ。


(1)(2)に関しては、しばらくは調子良いかもしれませんが。
(3)(4)に関しては、そろそろまずそうじゃないですか?
(5)は、まあ、そんなの言ってたら不動産は買えません。


う~ん、減速が近いのは、確実な気がしません?
ということで、不動産投資をしようとしている人、参考までに。


Link
トップへもどる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。